ミナミブログ!

南綾子です。小説書いてます。
<< 9月17日〜9月21日 | main | 無題 >>
9月24日〜9月28日
引き続き告知

河出書房新社の河出i文庫から「蜜の競艶」という短編集出ました。女性作家ばかりの官能アンソロジーです

月曜日

いつも土日は夜勤なのだが、今回ちょっと休みをとってみた。ま、用事があったからなのだけど、用事といっても友人宅で鍋パーティーとかその程度のもので、しかし久々に人間らしい土日の過ごし方が出来てとてもよかった。やはりね、人は土日には休まなければならないのだね。土曜日は結構気温が高く、鍋よりも流しそうめんのほうがふさわしいような気もしたのだけど、予定変更はせずにキムチ味としょうゆ味の二種類の鍋を作り、蒸し風呂状態になった部屋で顔面をドロドロにしながら食べた。なぜドロドロになったのかというと、あまりに暑くて汗が止まらずファンデが溶け出したからだ。なのでわたしは食べている途中で顔を洗った。下ごしらえに関しては、参加者に主婦と栄養士がいたので、彼女らにほんとどの作業をまかせ、わたしは実家暮らしで普段ほとんど料理をしない友人Nとともにもやしのひげ取り係を担当した。あ、あとお土産のプリン買ってくる係。それとガスボンベ買い足し係も。なんかひどいな、そう考えると。こういう場面でネギをとんとんとーんと切ってみせたり、器用にしいたけに飾り包丁なんかしてみせたりすると、婚期が早まったりするのだろうか。わたしもNもあと少なくとも五年は結婚できないような気がしてきた。つーか五年って数字自体がもはや現実を直視できていない。十年か。
ところで鍋を食べながら久しぶりに「エンタの神様」を見たのだが、出演していた芸人を一人も知らなくて我ながら愕然とした。自分がわからなかったことよりも、逆にわたし以外の全員がほとんど知っていたことのほうに驚いたのかも。そういえば最近は夜勤のときの仮眠時間に見る「やりすぎコージー」くらいしか、毎週楽しみにしている番組はない。昔はテレビがなくなったら死ぬと思っていたくらいテレビを見ていたのになー。これはわたしがテレビに飽きたのでなく、テレビがつまらなくなったからなのだろうか。そうなのだとしたら、テレビ業界の人はもっと頑張ってほしい。

火曜日

で、月曜だけ夜勤。毎週必ず二日連続で夜勤なので、一日行くだけで休めて非常にうれしい。と思ったら逆になんかだるくて帰宅後二十時間ぐらい寝てしまう。
見知らぬ相撲取りに女を紹介しろと迫られる夢を見る。目覚めたとき、なぜかわからないけれど、不愉快きわまりなかった。

水曜日

友人がご飯を食べにくることになったので準備をしていたら、いきなりドタキャンの連絡。もうさー。二人分の肉を出して切っちゃったじゃないのさー。ナスも二つも切っちゃったじゃないのさー。卵焼きに卵三つも使っちゃったじゃないのさー。いやさ、一人前を今夜食べて、明日の昼に残りを食べればいいのだろうけど、なんかそう考えたら情けなくなってきて、おいおい泣いてしまった。泣いたら眠くなってきてほんの数秒目を閉じるつもりでベッドに寝転がったら、いつの間にか意識喪失。目覚めたら夜十一時。何もかもうまくいかない、何もかもだめだ。
久しぶりに「歌ドキッ!」を見る。ご存知ない方に簡単に説明をしますと、ハロー!プロジェクトの人たちが、安いセットで懐メロとかうたうだけのいたってシンプルで短い番組です。シャ乱Qの人たちが演奏してたりもします。今日は保田圭が出ていたのだけど、何をうたっていたのかは忘れてしまったのだが、なんか無駄に歌が上手くなっていて、無駄だよ、と思った。彼女は同い年なので、何かと気になってしまう。頑張ってほしいと思うと同時に、はやくあきらめてほしいとも切に思う。

木曜日

なんだかどうしても大戸屋のハンバーグが食べたかったのだけど、店はいつも混んでいて席に着くのに時間がかかるので、弁当を注文してCちゃんに取りにいってもらうことにした。したらあいつ、弁当横向きにして持って帰ってくんのなー。しかも自分の弁当だけはまっすぐにしてんのなー。ケンカ売ってんのかよ。弁当を取り替えてやるの刑の処してやろうかと思ったのだけど、奴の頼んだのが鶏肉のもろみソースがけとかいう非常にわたしの好みから遠いものだったのでやめた。ちっ。

金曜日

ホルモン食ってきたー。
本当はレバ刺し&タン刺し&ポテトサラダ→シロ→カシラ→自家製ベーコン→カルビの順番でいくつもりだったのに、いつもの倍くらいカシラに脂が乗っていて、ベーコンを食べ終わるころには、胃にはまだ余裕があったものの口の中の脂許容量が限界を超えていた。もう一口も脂の乗ったものを口に入れたくなくなってしまった。なので泣く泣くカルビを中止にしてホルモン屋を出て、ファミレスで巨大パフェを食べた。ああデブ。いいさデブ。カモンデブ。今年の冬は非常に厳しい寒さが予想されるらしいが大丈夫。わたしには厚い皮下脂肪があるから。

新たなる告知。

9月28日(あ、もうすぎちった)から、ライブドアのケータイメールマガジン「ドアマガ」にて、官能小説の連載始まります。タイトルは「やさしいゴリラ」です。なぜゴリラなのかというと、FUJIWARAの原西さんをイメージして書いたからです。今の彼でなくて、もう少し若い頃のラリーゴね。さて書いておいてなんですが、わたしはこのドアマガの仕組みをイマイチ理解しておりません。とにかくこれに登録すると平日は毎日、ニュースやらいろいろ面白いものが配信されるしくみのようです。間違っていたらすみません。わたしの小説は毎日でなく、何日かおきにニュースその他とともに配信されます。電車でこっそりエロ小説が読みたい人にはおすすめですね。登録の仕方ですが、ライブドアの人にメールで聞いて答えていただいたのをそのままコピペします。
以下登録方法

http://m.livedoor.com/mag/

このURLをケータイのWeb入力画面に入力すると、「ここをクリックして空メールを送ってください」と出ます。
空メールを送ると折り返し「ドアマガ登録」のメールが来るので、メール内容にしたがって、登録を完了させるという流れのようです。

以上

ま、わたしの小説なぞに興味のある人なんてこの世にいないだろうから〜。ましてわざわざ登録して見ようなんて人はうちの母親ぐらいだろうからさ〜。やり方間違っててもいっかー。
| minaming0610 | 日記 | 02:33 | - | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>