ミナミブログ!

南綾子です。小説書いてます。
<< 満を持して | main | お詫び >>
皆さまへお願い
最近、身の回りの人々がわたしにさまざまな小保方情報を寄せてくれるのですが、もういりません。やめてくださいお願いします。

新刊が出て、週一ペースでブログを書いているわけですが、いい加減おっくうになってきました。わたしはなんというか、情報発信欲求が非常に薄いのだなあと思います。なのになんで小説なんか書いているんでしょう。あと誰でもいいから誰かとつながっていたい欲求もない。なんでSNS的なものに全く興味がないわけです。


すべてわたしがやりました 祥伝社 1,490円(税込)

とりあえず新刊発売中です。

今日は三つ目の話「あたたかい我が家」について。
これはですねー。今回の本の中で一番古い小説ですね。書いたのは二十代だったと思います。今とは住んでいるところもよく会う友達も他にもいろんなことが違う、まったく別の自分が書いた小説なわけで、読み直すのが非常に面倒くさかったんですけど、やってみたらそんなに大変でもありませんでした。しかしもともとはもっと犯罪とは距離のある話だったので、新刊のコンセプトに合わせて内容を大分変えました。
この話のテーマはズバリ”恋人や配偶者が○○だったらどうする?”的なものなわけですが、これは人によって答えが大分違うんでしょうね。わたしはよく”結婚した相手が○○事件の犯人グループの一人だったらどうしよう””しかも当時未成年だったからろくに罪も償わず、被害者への補償もガン無視していて全く無反省の悪人だったらどうしよう”などと妄想するのですが、現実のことではないので結局「まあいっか」で終わってしまいます。というかそもそも結婚相手がいないことのほうが心配になってきて気づくとヤフー知恵袋で「33歳 独身 まだイケる」などと検索してしまいます。
一体わたしは何を書いているのでしょうか。
| minaming0610 | - | 05:54 | - | - | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>